学校案内

建学の精神・学校長あいさつ

建学の精神

学校法人明星学園は「吾道一貫」という建学の精神に基づき
設立・運営されています。

吾道一貫とは「人生のいかなる場面においても “仁”すなわち忠恕の精神を貫くこと」と解釈されます。
それは他人を思いやり慈しみ、人間としての在るべき姿を自ら追い求めていくことです。

教育理念

浦和学院専門学校では建学の精神に基づき、思いやりのある看護師、自らの理想を追い求めていく看護師の養成を目指しています。

教育目的

豊かな人間性を培うとともに、看護師として必要な知識・技術・態度を学び、社会に貢献できる看護実践者を育成します。

教育目標

  1. 生命(命・いのち)を大切にし、人を思いやる気持ちを培う
  2. 自ら学び、それを継続することができる
  3. 専門知識に基づき、対象を理解し、安全・安楽・自立に導く看護の技術を身に付ける
  4. 社会における看護の役割を認識し、保健医療チームの一員として機能できる能力を養う
  5. 看護の倫理に基づいた行動ができる

学校長挨拶

本校を目指す皆様へ

今、日本は経済発展のみに邁進した前世紀から超高齢社会を迎え、健康寿命の延伸は注視すべき課題となっています。

疾患の重症化を防ぎ、QOLの維持向上に福祉・医療は進んでおり、あらゆる方面に健康志向で、自分らしい人生100年が選択できる時代に入りました。これは医療、看護に携わる人々にとっては歓迎すべき時代といえます。医療福祉がそれぞれの役割拡大と質の向上を求められ、人が豊かに過ごすことに価値観を見直している過程にあるようにも思います。

この時代に本校の教育は、看護を提供できる専門看護師像として、看護の場が多様化し、国民性や健康レベルの違いが生じても健康問題を解決する職業人であり続けることが必要としています。このような時代の要請に対応できる技術の習得とともに、豊かな人間性を養うことが目標です。

看護を志す皆さんは「人の役に立ちたい」という願いを持ち進学を望んでいる方、ご自身の経験から「人を支える立場になりたい」と願っている人もいるでしょう。あるいは、「自分が受けたたくさんの愛を何らかの形で返したい」という思いをお持ちの方もいるでしょう。当校に入学し、「看護とは何か?」「看護とはどのような職業なのか」を理解し学びを深め、看護の基本を実際の行為として具現化する方法を学びます。さらに根拠となる「考え方」を各分野の実習や講義を受け、積み上げていきます。

対象の健康レベルに合わせ、生活背景を考えた看護の実践や看護展開を経験して、責任のある継続看護の実践を多職種と連携したアプローチを地域社会へ繋ぐ経験学習プログラムも準備しております。それには頑固たる信念を持ち、将来の地域医療を担う誠意と熱意にあふれ、「夢を目指す強い気持ちとやる気と努力の継続」が基盤になります。

3年間教職員一丸となってサポート致しますので、看護を目指す学生の方々の入学を心から職員一同お待ちしております。


遠藤 貞子