臨床検査学科(仮称)※指定申請中

学科理念

明星学園の吾道一貫の精神のもと、世界で日々進歩する医療を踏まえ、
幅広い医学知識と確かな臨床検査技術を修得し、
保健・医療・福祉の担い手として被検者に寄り添い、職務の責任と使命を果たすことができる
臨床検査技師の育成を目指す。

3年制/80名
男女/昼間

「臨床検査技師」を養成し続け50年以上の実績を有する
「東武医学技術専門学校」を統合し歴史を引継ぎ、未来の臨床検査技師を育成します。

Point❶ 保健・医療・福祉の担い手として国際社会へ貢献

英語、医学英語、第2外国語、英会話などの科目をとおして語学を身に付けるだけでなく、海外研修旅行や海外からの講師を招いた講演会などを行います。このような機会をとおし、海外の医療事情などに触れることによって共感性やコミュニケーション能力など、臨床検査技師としてのライフスキルを高める国際教育を行います。

Point❷ 臨床現場での経験豊富な講師陣

学年担任を持つ常勤講師は全員臨床検査技師であるため、授業でわからなかった部分をいつでも質問でき、不安な部分を解消しやすい環境です。また、非常勤講師は臨床現場での経験が豊富な教員が多く、授業では臨床現場での実体験を交えながら講義を行うため、実践的な知識と技術を学ぶことができます。

Point❸ 学生が学びやすい環境へ ICT教育の充実化

全学生に対しノートPCを貸与(有償)し、Google Workspace for Educationによる課題の配信や提出、オンライン授業など、インタラクティブな授業に対応することで教育効果の向上を目指しています。また、学生向けに国家試験過去問題サイトや就職情報サイトを開設し、いつでもどこでも勉強や情報収集ができる環境を整えています。

Point❹ 「チーム医療」で活きるコミュニケーション能力を育む

現在、臨床現場では各医療スタッフが一丸となって患者さんの治療にあたる「チーム医療」を実践しています。そのような背景から、本校では学生主体で学校行事を運営し、学科や学年を越えた交流を深められる場を多く用意しております。このような機会をとおし生涯の友人ができるだけでなく、相手の気持ちを考えられる人材を育成します。

臨床検査学科(仮称・指定申請中)3年間の学び

国際社会に貢献する
臨床検査技師を育成する

1年生

基礎を固める

基礎的な医療科目の講義がメイン。
後期からは白衣を着て、本格的な実習にも取り組みます。

基礎分野 数学
化学
国語
経営管理学
保健体育・実習
物理学
基礎生物学
倫理学
英語
基礎化学
生物学
心理学
医学英語
専門基礎分野 解剖学Ⅰ
生理学Ⅱ
分子生物学
微生物学
薬理学
関係法規
情報科学・実習
解剖学Ⅱ
生化学
基礎検査学Ⅰ
血液学
保健医療福祉概論
医学概論
生理学Ⅰ
組織学
基礎検査学Ⅱ
免疫学
公衆衛生学・実習
医用工学・実習
専門分野 臨床医学Ⅰ
代謝学
分析検査概論・実習
臨床医学Ⅱ
臨床一般検査学実習
生理検査総論・実習
病理学
寄生虫検査学・実習

2年生

応用力を養う

実習がメインとなり、実際に臨床検査技師が行う技術を学びます。国家試験対策も始まります。

基礎分野 キャリアデザイン 第2外国語 英会話
専門基礎分野 チーム医療論
専門分野 臨床検査医学Ⅰ
血液検査学Ⅱ・実習
生物化学分析検査学Ⅰ・実習
遺伝子検査学
微生物検査学Ⅰ・実習
生理機能検査学Ⅱ
臨床検査総合演習実習
臨床検査医学Ⅱ
病理検査学Ⅰ・実習
生物化学分析検査学Ⅱ・実習
輸血・移植検査学Ⅰ・実習
微生物検査学Ⅱ・実習
画像検査学・実習
医療安全管理学
血液検査学Ⅰ・実習
病理検査学Ⅱ・実習
免疫検査学
輸血・移植検査学Ⅱ・実習
生理機能検査学Ⅰ・実習
精度管理学
臨地実習前技能演習
選択科目 課題研究A 課題研究B

3年生

実践する

約4カ月間の臨地実習では、臨床現場の厳しさを学び、臨床検査技師としての自覚を身に付けます。

専門基礎分野 臨床解剖学
専門分野 病態解析学Ⅰ
病理組織細胞学
臨床遺伝子検査学
臨床微生物学Ⅱ
臨床生理学Ⅱ
臨地実習
病態解析学Ⅱ
臨床一般検査学
臨床輸血・移植検査学
緊急検査法
臨床検査総合演習
臨床血液学
臨床化学
臨床微生物学Ⅰ
臨床生理学Ⅰ
臨床医療安全管理学

国家試験対策

2年生終了までに国家試験の出題範囲を網羅し、3年次には臨地実習(医療現場での実習)と復習・弱点克服に力を入れた授業を展開し、国家試験に臨みます。

段階的に知識が身に付くカリキュラムと
それぞれのレベルにあった国家試験対策

科目ごとの補習

放課後には科目ごとの補習を実施。授業の復習もでき、苦手科目の補習を受けることで苦手を克服!

模擬試験

3年生では月に1回国家試験の模擬試験を受験。試験後、解説をもとに復習する中で、自分の苦手分野を自覚し、克服する一助としています。

授業前小テスト

国家試験の過去問題から100問抽出し、授業前を利用して解答・自己採点を行います。間違った箇所は、原理や理由から理解できるように見直します。

個別指導

国家試験の主要科目は常勤講師が担当するため、授業でわからなかった部分はいつでも質問がしやすい環境となっています。

など

キャリア教育

内定を獲得するためだけでなく、就職後のキャリアプランを形成すべく、1年生の時から段階的な指導を行います。

段階的に身に付くから、就職後即戦力に!

キャリアガイダンス

履歴書や小論文の書き方・面接・自己分析・接遇マナーなど、就職活動で必要な力を身に付けます。

特別講話

移植コーディネーター・在宅医療・胚培養士など、さまざまな分野で活躍する方を招いて講話を行い、将来の選択肢を増やします。

病院・検査センター見学会

臨床検査技師の仕事理解を深めるために、実際に臨床検査技師が活躍する職場を見学します。

適性テスト・SPI試験の実施

就職試験の準備として、適性テストやSPI試験を実施します。

個別指導

全体へのキャリアガイダンスはもちろん、個別面接指導や履歴書・小論文添削など一人ひとりの学生と向き合い、それぞれの個性を生かしたサポートを行っています。