看護学科

在校生・卒業生の声

在校生の声

仲間と協力する時間が多いので、自然と打ち解ける事ができました。

1年生 佐々木ゆりさん

私たちのクラスは半数が社会人で、幅広い年代のクラスメイトがいます。私も社会人経験者で、久しぶりの学生生活に初めは緊張もありましたが、演習やグループワークなど、仲間と協力する時間が多いので、自然と打ち解ける事ができました。先生方の熱心なご指導に より、看護の奥深さを知り、多くの事に気付かされる毎日です。

また子育てや社会人経験が役に立つと感じることも多くあります。課題や演習は大変ですが、クラスメイトと切磋琢磨しながら、学びを深めていきたいと思 います。

支え合いながら学業に励むことが出来ています。

2年生 石井佑奈さん

私は社会人経験を経てこの学校に入学しました。当初久しぶりの勉強についていけるか、年齢差のある環境に馴染めるかなど、不安はありましたが、看護師になりたいという同じ目標を持った仲間達と過ごすうちに自然と絆を深めていくことができ、支え合いながら学業に励むことが出来ています。

実習では患者さんとの関わりによって学ぶことが多く、夢に向かって前進する気持ちを新たにできます。自分と関わってくださった患者さんに恥じることなく、胸を張って看護師になれるよう日々努力していきます。

努力した未来には、何にも代え難い喜びと充実感が待っています。

3年生 石井悠太さん

卒業を控えた今、私達の実習にご協力下さった多くの患者様や医療スタッフの方々に対し、感謝の気持ちでいっぱいです。

新型コロナウイルス感染症の流行で、先生方はご苦労されながらも学内実習やzoom授業、そして国試対策とどんな場面においても「弛まぬ努力」と「諦めない心」を持ち続けることを指導して下さいました。

勉強や実習課題が大変な時は、同じ志の仲間がすぐそばにいます。努力した未来には、何にも代え難い喜びと充実感が待っています。応援しています。

卒業生の声

一人の人間として成長ができました。

(23期生) 榎本哲郎さん

私は現在、手術室看護師として働いています。入学当時は、女性が多く不安や緊張がありましたが、同じ目標を持つ仲間として助け合いながら、充実した日々を過ごすことができました。同学年だけでなく、他学年との交流もあり、アドバイスをしてもらうこともありました。

看護師は様々な人と関わる職業です。実習や学内学習を通して、看護の知識や技術の向上だけでなく、一人の人間として成長ができました。

看護師になることが一番の目標でしたが、一人の社会人になるためのサポートもあり、今の職場で活かされています。

私は社会人経験を経てから看護師の道に進もうと入学しました。

(24期生)増子知愛さん

私は社会人経験を経てから看護師の道に進もうと入学しました。定員人数が少なく、先生方に色々な事を相談しやすい環境ではないかと思い入学しましたが、実際に沢山の相談やお話を聞いていただけて3年間を乗り越える事が出来ました。

実習・実技の演習等大変なことも沢山ありましたが、今は地域包括ケア病棟で楽しく仕事ができています。一つひとつ乗り越えて行きましょう!

自分の看護観を広げることが出来ました。

(25期生)齊藤萌さん

学生生活は課題に実習と毎日が忙しく、人学前に想像していた学生生活よりも大変な日々でした。

私の学年は社会人、現役生が半数での学年であり、入学当初は初めて関わる年齢差に戸惑い、不安もありましたが先生方の助言もあり、助け合い支え合うことができました。

また様々な年齢層と関わることで自分の中にはなかった考えや看護観に触れることができ、自分の看護観を広げることが出来ました。

大変なことも多いとは思いますが素敵な看護師になってください。